Sonntag, 10. Februar 2013

[栄喜] 一輪の花束 (栄喜 I ~encouraged~ #9)

一輪の花束

作詞: 栄喜
夜は明日を運んで 明日は夜に沈んで
いつだって同じ始まって終わり
咲いた花びらが散る様に...

いつまでも変わらない俺達の辿り着く場所は
誰でも一人でしか行けない
どこ迄も離れずに寄り添って進めない
だから孤独を恐れちゃいけない

後どれくらいの時間が残されてるというのか
少なく見積もって逆算した方が
今をより熱く生きられる

70億,千もの道のりも
 辿り着く場所は誰でも一人でしか行けない
どこ迄も離れずに寄り添って進めない
だからこうして今だけはいたい

do Justice to my life
do Justice to yourself
do Justice to my life
Precious time

いつまでも変わらない俺達の辿り着く場所は
誰も一人でしか行けない
どこ迄も離れずに寄り添って進めない
だから孤独を恐れず生きて行け
悩ませる事は次へのステップで
高く飛ぶ為の助走で逃げずに受け止めろ
迷う事は加速させない一手 信じた明日へ夢を抱いて
咲き乱れてくれ 一輪の花束の様に...

0 comments:

Kommentar veröffentlichen